スローストキャスティクス

FXで儲けたいと思って始める人は特にテクニカル分析が重要になってきます。

いくつかの分析方法がある中でFXに有利であるといわれているのがスローストキャスティクスといわれるものです。オシレータ系の指標の中では比較的よく使われるものです。

ストキャスティクスは、アメリカのジョージ・レーンにより開発された分析法で、RSIと同様にオシレータ系指標の一つで、3種類の指標を組み合わせて売買のタイミングを判断します。

ある期間内の最安値と最高値を基準にして現在の株価が最安値と最高値の間のどの位置にあるかを相対的に求める分析手法です。

解りやすくいえば、逆張り系の指標といえます。数値は0%~100%の間を動き、一般的には20%に近ければ売られすぎという兆候があり、80%に近ければ買われすぎの兆候があるということを示します。

このストキャスティクスの中で、株価に対する反応の遅いものがスローストキャスティクスと呼ばれるものなのです。ぜひとも、この手法はマスターしておきたいものです。

但し、単純に売買のタイミングを判断してしまうと、ダマシが多くなってしまう傾向があります。そこで、指標の値の範囲を限定して売買のタイミングを判断します。

ちょっとむずかしい指標ですが、マスターすればとても便利で確実な方法ですので、インターネットや書籍などで詳細に学習してみてはどうでしょうか。

サイトナビ
出来高系指標 FX会社のコンバージョン サラリーマンのFX スローストキャスティクス
リンク
外国為替証拠金取引

HOME > スローストキャスティクス